奥四万十山の暮らし調査団は、「四万十町地名辞典」の編集をおこなうとともに、定期的にテーマを立て「読む辞典」として手に取りやすいよう紙ベースで書籍を発刊していきます。

 発行部数が少ないのでお渡しすることはできませんが、高知県下の公立図書館には納本しますのでお近くの公立図書館で手に取っていただければありがたいです(2018年3月末までには納本する予定です)

 

 今秋(2018年11月)にも公益信託大成建設自然・環境基金平成29年度助成金の支援を受けて第2弾を発表します。

 窪川地域を楠瀬さんが、大正・十和地域を編集子が担当する役割で進めていく予定です。

 

 地名を学ぶ面白さがわかるはず。四万十町内で「この地区を調査したい」と手をあげる方、連絡ください。 

 

■『地域資料叢書17 土佐の地名を歩くー高知県西部地名民俗調査報告書Ⅰ-』

 この報告書は、国土地理協会2016年度研究助成事業をうけて取り組んだ「住民による消えゆく小地名の収集と地域資源調査ー高知県西部の中山間地域を対象にー」の成果品として出版した小冊子です。

 発刊にあたっては、くまもと文学歴史館・館長の服部英雄さんに巻頭の言葉をいただきました。服部さんの著書『地名の歴史学(2000年/角川書店)』・『地名のたのしみー歩き、み、ふれる歴史学ー(2003年/角川ソフィア文庫)』を実践的にとりくんだ報告書がこの冊子で、中心的にまとめた楠瀬慶太さんの恩師(九州大学)でもあります。

 地域に住む研究者と住民がともに地域の歴史を残し伝えていく「地名民俗調査」をどのように進めていくか。地名の学際的な研究にとどまることなく、現地に赴いて「歩き」「聞き」「記録し」「地域資源に気づき」「普及していく」一連の作業。その調査の方法とプロセスを「入門編」「実践編」「地図編」「分析編」「伝承編」に章立てしてまとめたもので、執筆者は、楠瀬慶太・森下嘉晴・武内文治の三人です。

 今回、掲載している地区は「宮内」「半家」「江師」「大正中津川」の4地区です。 

 

ダウンロード
20180313土佐の地名を歩く(分冊1-31).pdf
PDFファイル 25.0 MB
ダウンロード
20180313土佐の地名を歩く(分冊32-65).pdf
PDFファイル 29.9 MB
ダウンロード
20180313土佐の地名を歩く(分冊66-95).pdf
PDFファイル 20.9 MB
ダウンロード
20180313土佐の地名を歩く(分冊96-116).pdf
PDFファイル 10.1 MB

ダウンロード
20180313土佐の地名を歩く(全部1-116).pdf
PDFファイル 83.3 MB