奥四万十山の暮らし調査団は、「四万十町地名辞典」の編集をおこなうとともに、定期的にテーマを立て「読む辞典」として手に取りやすいよう紙ベースで書籍を発刊していきます。

 発行部数が少ないのでお渡しすることはできませんが、高知県下の公立図書館には納本しますのでお近くの公立図書館で手に取っていただければありがたいです。

 当hp「四万十町地名辞典」はPDFで公開していますのでご利用ください。

 【納本図書館】オーテピア高知図書館/四万十町立図書館/四万十町立図書館大正分館/大方あかつき館(黒潮町)/四万十市立図書館

 

 地名を学ぶ面白さがわかるはず。四万十町内で「この地区を調査したい」と手をあげる方、連絡ください。 

 

 

■『地域資料叢書18 続・土佐の地名を歩くー高知県地域史研究論集Ⅰ-』 (2019年1月6日発行)

 この報告書は、公益信託大成建設自然・歴史環境基金・平成29年度助成をうけて、「住民による歴史地名の記録と地域資源地図づくりーGISを用いた学際的研究を目指してー」の事業テーマについて取り組んだ成果品として出版した小冊子です。

 古地図や旅行記、検地帳などの歴史史料には、多くの地名が現れます。この地名を通して歴史史料を空間的に捉え、史料に書かれた現地を歩くことで、その解釈は大きく広がります。本書『続土佐の地名を歩く』は、こうした地名を使った在野の歴史愛好者による地道な現地調査(フィールドワーク)の成果報告5本を掲載した研究論集です。

 

 

■『はたのおと2018in四万十市』 (2018年11月17日発表)

 この発表会は、西土佐ふれあいホールで開催された「研究発表会はたのおと2018in四万十市」

 2011年(宿毛市)から始まった毎年1回のはた地域を舞台とした研究発表会も2巡目となりました。

 『はたのおと』は、はたを探求するノート + はたから発信するおと =  はたのおと

 四万十町も旧大正町、旧十和村がふくまれることから、「はた地域」ということです。

 今年は、口頭発表7つ、ポスター発表7つ。懇親会とエクスカーションなど盛りだくさん

 「奥四万十山の暮らし調査団」として楠瀬慶太・武内文治が「ムラの調査と『四万十町地名辞典』」のテーマ

 

■『地域資料叢書17 土佐の地名を歩くー高知県西部地名民俗調査報告書Ⅰ-』 (2018年2月22日発行)

 この報告書は、国土地理協会2016年度研究助成事業をうけて取り組んだ「住民による消えゆく小地名の収集と地域資源調査ー高知県西部の中山間地域を対象にー」の成果品として出版した小冊子です。

 地域に住む研究者と住民がともに地域の歴史を残し伝えていく「地名民俗調査」をどのように進めていくか。

 現地に赴いて「歩き」「聞き」「記録し」「地域資源に気づき」「普及していく」一連の作業です。

 今回の執筆者は、楠瀬慶太・森下嘉晴・武内文治の三人です。

 今回、掲載している地区は「宮内」「半家」「江師」「大正中津川」の4地区です。