■『地域資料叢書17 土佐の地名を歩くー高知県西部地名民俗調査報告書Ⅰ-』

 この報告書は、国土地理協会2016年度研究助成事業をうけて取り組んだ「住民による消えゆく小地名の収集と地域資源調査ー高知県西部の中山間地域を対象にー」の成果品として出版した小冊子です。

 発刊にあたっては、くまもと文学歴史館・館長の服部英雄さんに巻頭の言葉をいただきました。服部さんの著書『地名の歴史学(2000年/角川書店)』・『地名のたのしみー歩き、み、ふれる歴史学ー(2003年/角川ソフィア文庫)』を実践的にとりくんだ報告書がこの冊子で、中心的にまとめた楠瀬慶太さんの恩師(九州大学)でもあります。

 地域に住む研究者と住民がともに地域の歴史を残し伝えていく「地名民俗調査」をどのように進めていくか。地名の学際的な研究にとどまることなく、現地に赴いて「歩き」「聞き」「記録し」「地域資源に気づき」「普及していく」一連の作業。その調査の方法とプロセスを「入門編」「実践編」「地図編」「分析編」「伝承編」に章立てしてまとめたもので、執筆者は、楠瀬慶太・森下嘉晴・武内文治の三人です。

 今回、掲載している地区は「宮内」「半家」「江師」「大正中津川」の4地区です。

 

国土地理協会の第16回学術研究助成の報告書集『学術研究助成報告集 第4集』はこちらです 

 

ダウンロード
20160331「公益財団法人国土地理協会第16回学術研究助成」住民による消えゆ
PDFファイル 2.3 MB

ダウンロード
第1章 入門編ー土佐の地名の調べ方ー
20180313土佐の地名を歩く(第1章1-21).pdf
PDFファイル 5.8 MB
ダウンロード
第2章 実践編ー四万十の地名を歩くー
20180313土佐の地名を歩く(第2章22-66).pdf
PDFファイル 13.0 MB
ダウンロード
第3章 地図編ー四万十の森を歩くー
20180313土佐の地名を歩く(第3章67-73).pdf
PDFファイル 3.2 MB
ダウンロード
第4章 分析編ー土佐の地名を探るー
20180313土佐の地名を歩く(第4章74-109).pdf
PDFファイル 3.6 MB
ダウンロード
第5章 伝承編ー地名を残し伝えるー
20180313土佐の地名を歩く(第5章110-終).pdf
PDFファイル 1.8 MB

ダウンロード
地域資料叢書17「土佐の地名を歩く」ー高知県西部地名民俗調査報告書Ⅰー
20180313土佐の地名を歩く(フルページ).pdf
PDFファイル 25.3 MB