「い」の意味

【民俗地名語彙辞典】(松永美吉1994三一書房)

イ ①、井戸、用水溝、水路井堰のこと(新井、井の頭、井上、井関) たんにイを表す表音文字として使われる。向(ムカイ)が向井、境(サカイ)が坂井、酒井になるのもこの例

イー ①上手の方。自然堤防や段丘などの小高い所にある田や土地。イーダは上の方の田(飯田、伊田) ②上、天の方、上の方。または海の方向に対して山の手の方角。またイリに同じ。イリは西、南島。アガリ(東)に対する語

イソ 土佐物部川筋で断崖絶壁の岩山。アイヌ語でも露岩をいう。古代、石はイシ、イワ、イゾと呼んだようである。石上(イゾノカミ)

イド 井戸は古語の「ゐ(ど)」を源とする語で、堰(イ・wi)で水を堰き止めて一所に静止させ(居)て利用する場所、田の用水の取り入れ口ないし用水路がい(ヰ)、ユと呼ばれたのは同じ語源だと思われる。

【地名用語語源辞典】(楠原佑介1983東京堂出版)

 い[伊、五、井、藺、猪、居、亥] ①接頭語。語調を整え、意味を強める ②イ(斎)で「清浄な、神聖な」 ③和数詞イツ(五)の頭音。イソ(五十)など ④高くそびえた所 ⑤ヰ(井)で「泉や清流から水を汲み取る所」 ⑥堀井戸 ⑦湿地 ⑧湿地に生えるイグサ(藺) ⑨井ノシシ(猪)にちなむ地名 ⑩ヰ(居)で「集落」 ⑪十二支の「亥」で北北西の方角

いい[飯、伊井、井伊] ①上。天の方。海の方角に対して山の方の方角 ②自然堤防や段丘などの小高い所にある田や土地 ③イヒ(飯)を盛った形 ④井戸。泉 ⑤ユヒ(結)の転で「共同労働、労働交換の慣習」 ⑥イヘ(家)の上代東国方言イヒによる

【全訳読解古語辞典】(外山映次2007三省堂)

い[接頭] 動詞に付いて調子を整えたり意味を強めたりする

い[斎・忌] 名詞に付いて神聖なものである意を表す。接頭語。上代語

い[寝] 寝ること

い[網]  蜘蛛の糸

い[異] 四相(しそう)の一つ。変化すること。仏教語

【日本語オノマトペ辞典】(小野正弘2007小学館)

いじいじ 態度や行動があいまいで、ひっこみ気味でいるさま

いそいそ 心がはやり、勇むさま。うれしい心をはずませているさま

いちゃいちゃ 男女が、戯れたりまたはあれこれ言い争ったりするさま。いちゃつくさま

いらいら あせって心に余裕のないさま。思うようにならなくて、感情が高ぶっているさま 

【川をなぜカワというかー日本語生成原理の発見】(渡部正理1999新人物往来社)

 

※これについては本文参照(渡部正理著)→ホームページ「日本語の起源」

鈴木健次のホームページ

 日本語では「い/ゐ」「え/ゑ」「お/を」の区別があった。これを変換すると「I」「E」「O」となり区別は消えてしまう。日本語では必要があって仮名文字まで用意されているのであるから、その意図は尊重されなければならない。では「ローマ字31概念」はどのように対応しているのであろうか。

い  I(1)   行動   甲類   き=Kい   企(行動の発生)

ゐ  I(2)  非行動   乙類   き=Kゐ   帰(非行動の発生・居の発生)

(20180413)

 


よくある地名の語源 「い」

いさきだに(井崎谷)【井﨑地区の集落】

 

いさなぶち(イサナブチ)【希ノ川】

 希ノ川の四手ノ川川を入ってすぐの対岸(エコロギー四万十の対岸)がイサナブチ。語尾のフチは、瀬渕と思われるがイサナが気になるところ。イサは夜漁のイサリの短縮形、ナは土地を意味する古語(産土、名主、名子のナ)と理解すれば四手ノ川地区の漁場といえるがどうだろうか。大月町赤泊には「イサフチ」、土佐清水下益野には「イサイ沖」の字名がある。

いしがみ(石神)【】

 

いしさし(石指)【平串、黒石、石サシタ(市ノ又)、石サシ本田(数神)】

 四万十町の平串と黒石の字「石指」は、長宗我部地検帳にもホノギとして記録されている中世以前の地名である。サシは焼畑をする意の古語とある(民俗地名語彙辞典)。関東にはサスという地名が多く、佐須、指の字が当てられている。 

いしだがわ(石田川)【地吉地区の集落】

 

いげ(神母・伊気・伊下・イゲ)【神母神社(奥呉地・志和ほか)、神母野(興津)】

 用水を方言でイと呼ぶことに関連する高知に多い地名。稲毛・池など水田稲作に由来する言葉であろう。井戸をイケというのは日本各地にあるという。イケル(埋める)に関連か。土佐特有の用水地名ではあるが「神母」と漢字をあてた経緯は不明。(「列島縦断知名逍遥」谷川健一著)

 県下全域に発見できる「神母」地名であるが、物部川流域に特に多く見つけることができる。高知の米どころでもある高南台地に稲作由来の地名がないのが不思議である。「おいげさま」と四万十町では土佐州郡志の志和の段に「伊下社」という神社(南磯辺に鎮座する神母神社)があるのみである。

いけだ(池田)【】

 

いさいがわごう(井細川郷)【中世の広域地名。現在の天ノ川を除く窪川・立西地区

 中世の仁井田庄が仁井田庄八郷八番と言われたころの八郷の一つ。井細川郷6か村は、檜生原村、寺野村、川口村、秋丸村、野地村、家地川村で現在の折合(折合村)は上山郷に、天ノ川(天野川村。当時は若井の枝村)は窪川郷に属していた。  

いずがたに(伊豆ヶ谷)【秋丸伊豆ノ谷、平串伊豆ノ谷、奈路伊豆ノ本

 イズの音の大部分は伊豆の字が当てられ、「伊豆ヶ谷」地名が大部分で県内各地にある。伊豆ヶ谷のほか伊豆ヶ奥、伊豆ノハナ、伊豆ノ本などの字地名がある。

 イズは①イヅミ(泉・出水)の略②イヅユ(出湯)の略で温泉③ユ(湯)・デ(出)の転④イヅ(出)の意で地形が海中に出ているから。一般に出っ張った所と『地名用語語源辞典』は解説し「主として伊豆の国名を中心に考えられてきたが、あるいは”場所”を示す語の省略された形と見るべきか」とも追記している。イズコ(何処)がイズに省略され「伊豆」の漢字を当てたというのか。いずれにしてもイズの音に伊豆の漢字しか当てられていないのが不思議である。

 四万十町内の三例をみても伊豆半島のような突出地形でもなく伝播地名でもない。温泉が出る場所でもないので、水利としての井出と理解するのが普通か。秋丸(ホノギ・イツノヲクに比定)、奈路(ホノギ・イツノモトに比定)ともに長宗我部地検帳にも見られる中世以来の地名である。 

いた・・(イタ・・)【】

 ①波の静かなこと②潮の古語③崖と推定しうるものも多い。城址の丘端の崖地(民俗地名語彙辞典)

 『地名用語語源辞典』には「イタは動詞イタブ(痛)の連用形で”物が損なわれること”から崩崖などの崩壊地形」とある。

 イタビカズラ(崖石榴)は常緑の匍匐性ツル植物であり、本州の福島県・新潟県以西、四国、九州、朝鮮、台湾、中国に分布する。「崖石榴」と漢字が当てられているようにイタビは「崖」の意味であり”崩壊地に生えるカヅラ”が字義通りの植物名であろう。高知の方言では犬枇杷(いぬびわ)のことをイタビではなくイタブという。

いたづり(イタヅリ・虎杖・板取)【イタヅリ田(四万十町仁井田の浜ノ川集落)、板取山(四万十町志和)】

 

 「イタヅリ」地名は県下各地に見える。イタヅリ、板取、虎杖川、板ツリサコ、イタヅリ谷、イアタヅリ田、イタヅリバタ、イタヅリハラなど山川や田畑などの接頭語として使われることが多い。

 イタヅリは土佐の郷土料理につかう「いたどり」の県下全域の方言であり、イタンポ(幼/県下全域)、イタッポ(幡多)、イタンコ(幼/安芸・香美)の地域方言がある。暮らしに身近な食用植物であるためサコや谷を付して自生地を地名化したものと思えるが、板のつく地名にはガケからきたものもある(民俗地名語彙辞典)。板ツリ迫(本山町沢ヶ内)、板取(南国市廿枝)、板取山(四万十町志和)のあり、字義どおりに板に関連する地名かもしれない。

 『地名用語語源辞典』に「イタは動詞イタブ(痛)の連用形で”物が損なわれること”から崩崖などの崩壊地形」とありガケ地から来た地名かもしれない。 

 四万十町仁井田の浜の川集落の西側の谷合にイタドリ田があり、同町志和の志和川の上流域北側に板取山がある。

いちのせ(市野瀬、市の瀬、市之瀬、一の瀬)【四万十町大正北ノ川一ノセ、四万十町烏手市ノ瀬、四万十町十和川口一ノ瀬】<黒潮町市野瀬、土佐清水市下ノ加江の市野瀬集落、佐川町丙の市の瀬集落、梼原町越知面田野々市ノ瀬、香美市土佐山田町西又一ノセ、南国市白木谷市ノ瀬ほか多数>

 「イチノセ」地名について、筒井功氏の著書『日本の地名』では「イチ(漢字は、ほとんどが市か一)の付く地名は各地におびただしくある。なぜ、こんない多いかが、まず謎である。(略)市ノ瀬は代表的なイチ地名の一つで、各地にざらに見られる。大部分は深い山中に位置して、市場とのかかわりは想定しにくい。かといって、いくつかある瀬のうちの何番目という意味でもない。(略)イチの語はおそらく「神をあがめる」の意の「斎(いつ)く」のイツと語源を同じくしているのではないか。(略)東北地方で口寄せを業とするイタコ(コは人といったほどの意)、戦前まで各地で見られた祈祷者のイチコ(略)などもみな一種のイチである」と巫女の一形態である土佐の「佾(いつ)」とイチ地名の関係性を述べている。

 高知県下に市野瀬が二つあり、そのふたつとも付近に市野々の地名もあわせもつ不思議な関係にある。黒潮町市野瀬は四万十町と黒潮町の境に座する修験の山・五在所ノ峯の南麓にあたる集落で、いっぽうの土佐清水市下ノ加江の市野瀬集落は土佐の延喜式社・二十二座のひとつ・伊豆田神社のふもとにある集落。中世以来の地名であり、巫女の一形態である土佐の「佾(いつ)」との関連性をにおわす地名である。長宗我部地検帳にも「佾ヤシキ」「イチノミコやしき」といったホノギや「佾給」「惣佾」「権佾給」「一宮佾給」「八幡佾給」などの給地がみられる。「佾」について白川静氏の字源辞典字統は「祭肉を頒つ意であろう。肉を両分することをいい、舞楽の列を佾という」とある。他の辞書では音読みとしてイツに加え、イチもある。

 高知県内の字名では県下全域にイチノセ(市ノ瀬、一ノ瀬など)が20カ所近くあり、大豊町には戸手野、小川、立川下名、南大王、八畝の四地区に見られる。その他イチノサコ、イチノクボ、市神堂、市頭、市ヶ谷、一ノ宮、市屋敷、

いちのまた(一の又、市の又)【井﨑地区の集落、国有林野】

 

いで(井出)【】

 

いぬい(戌亥・乾)【】

 

いば(イバ)【】

水の堰。井のあるところ

いばやしやま(井林山)【旧井林山(日野地)】

 田役道具や材料用として存置された山林。公有林(平尾道雄著「土佐藩林業経済史p70」)

 土佐は山間の国であり林業国であることは、藩政時代から今に至っている。藩有林であった「御留山」は現在の国有林野や自治体の公有林となっている。藩政時代の山林種目として、「御留山」「預り山」「支配山」「宮林」「寺附林」「火除林」「所林山(トコロバヤシ/村々で支配する留山の一種の公有林)」「関所林」「家掛林(ヤガカリ/家屋敷付近の植林を許された民有林)」「伐畑山」「明所山(アキショ/地元の願いにより解放された山林で明所山の一種。立木10本につき3本を残置する慣例)」「散山」などがある。

 高知県内の「井林」の字名は、香美市香北町下野尻、香美市香北町太郎丸、香美市香北町猪野々、香美市物部町大栃、南国市明見、いの町神谷にある。

いび(イビ)【】

イビ・エビは「階段状地形」。指はイビ、海老はエビというのは節がいくつもあって曲がっているものの名

いまなり(今成)【十和川口地区の集落】

 『高知県市町村合併史』に越知町の段で「今成(いまなり)は新村の意」

いりょう(イリョウ・井領・井料)【】

井領田。農業用水の維持管理にあてるための料田。年貢は免除された。

 

(20190219現在)


ちめい

■語源

 

■四万十町の採取地

 

 

■町外の採取地