江師

えし


20150422初

20170225胡

【沿革】 

 長宗我部地検帳には「江志村」とあり、当時、小石村は江志村の枝村の位置づけであったようだ 

 それ以降の地誌である州郡志(1704-1711)、南路志(1813)ともに「江師村」とある。

 明治22年(1889)4月1日、明治の大合併により、幡多郡田野々村、北野川村、烏手村、相佐礼村、弘瀬村、折合村、市ノ又村、上宮村、芳ノ川村、打井川村、上岡村、下岡村、瀬里村、四手ノ川村、西ノ川村、中津川村、大奈路村、下津井村、江師村、下道村、木屋ヶ内村、小石村の22か村が合併し「東上山村」が発足し、江師村は大字となった。

大正3年(1914)1月1日、幡多郡東上山村は、 村名を改称し「大正村」となった。

 昭和23年(1947)8月1日、幡多郡大正村は、町制を施行し「大正町」となった。

 平成18年(2006)3月20日、高岡郡窪川町と幡多郡大正町・十和村が合併し新設「高岡郡四万十町」となる。

 地区内の班・組編成は、東・岡・西上・西下・住宅となっている。

 

【地誌】

 旧大正町の中央部。西は標高700mの吹の峰から下る稜線を境に十和地域、北は西ノ川・大奈路、東は芳川、南は瀬里・小石・大正に接する。当地は江師と川ノ内の2地区からなり、両地区の境および小石との境を梼原川が南流。江師の北面の山地から、西ノ谷川・大平谷川・ウワダバ谷川・中平谷川・ツエノ谷・シダオ谷が流れ、水田・集落が扇状に展開。農林業が盛んである。旧大正営林署大正苗畑事業所跡は農業実験施設(当初はスプレーマムの育苗)、オートキャンプ場ウェル花夢として運営されている。地区の裏山に二等三角点吹の峰(ふきのとう・699m)周辺に国有林96haがある。右岸沿いの町道と、対岸の旧国道439号の間に抜水橋(江師橋・昭和51年架設)が架かり、江師地区の入口となっている。中央の曲流切断(字・村中山)に河内神社、北屋敷に森野神社、モリ夕に縄文遺跡があるほか、硫黄鉱泉による大正温泉(旧江師保養センター)がある。川ノ内地区は、三方を山に囲まれ、地内中央を芳川川が西流、梼原川に合流している。芳川川の流域に水田・集落が立地し、農林業が盛ん。梼原川左岸の国道にはバス運行1日7便。両河川の合流点付近の国道から分岐した町道が集落を通っている。山津見神社があり、 大山津見命を祀る。

(写真は1975年11月撮影国土地理院の空中写真。写真上段が江師地区。四万十川の穿入蛇行、江師の曲流切断の形状がよく理解できる。写真右上段が川ノ内地区)

 

【地名の由来】

 「江師」は、漢字2字で2音節エ・シであり、日本語では理解できない地名である。

 子どもの頃、「大正には市が「エ市」と「コイ市」、隣り合って二つあるよ。」と戯言をいうくらい不思議な地名であった。

 

 「江」は、入江と川の意がある。特に多いのが「江尻」地名で全国に分布する。江尻は川尻や川口と同じ場合と海岸の場合とがある(民俗地名語彙)。エジリがエシに転訛したとすればここ以外にも事例がありそうだがみあたらないし、江師地区には梼原川の還流丘陵をようする地区ではあるが、特に川を意識する川尻や河口の地形でもない。

 西土佐の江川や四万十市の鵜ノ江など「江」の地形的特徴が理解できるが、江師は川地名とは思えない。

 

▼アイヌ語 

 お遊びで地名アイヌ語小辞典(知里眞志保著)で「江師」をあててみることにする。

 「e-+si-kot(え・シコッ)」と読めば、(頭)+(大きな窪地)となる。つまり、四万十川の河川景観の特徴である穿入曲流の還流丘陵が、ここ江師の地形的特徴であり、集落の中央に位置する字「村中山」に鎮座する河内神社の鎮守の森が丁度「頭」であり、その周囲となる旧河床が「大きな窪地」と見える地形である。この「え・シコッ」が転訛して「エシ」となり江師の漢字をあてたのではなかろうかと推定してみる。古代、梼原川を往来するだれもが、このメキシカンハットのような景観をみて「え・シコッ」といったであろうと納得する景観である。

 ちなみに、この江師の対岸が小石である。小石は周囲を江師に囲まれた四万十町で面積5ha位の一番小さな大字である。地検帳でも枝村として位置付けられており、江師村の庄屋の支配下であったようだ。この小石を昔の人は、「小江師(コ・エシ)」と呼び、それがいつとなく転訛してコイシとなったとみるのはどうだろう。

 

▼烏帽子説

 メキシカンハットといったが烏帽子の形から命名された地名は全国にある。多くは烏帽子山、烏帽子岳、烏帽子岩といった山容や岩礁、岬であるが還流丘陵のこの地形は烏帽子ともいえ、エボシからエシに転訛したのではと根拠もなく思ってしまう。

 

▼「エゴ」説 入りこんだ所・凹状地形

 他の言語での安易な解釈は危険との指摘があるのでアイヌ語起源説ではなく「エゴ」説はどうだろう。

 「エゴ」は、高知県安芸郡や山口県柳井市では、日当たりのいい山の窪地。徳島、高知県では川の彎曲して淀んでいる所。高知県幡多郡では岩の穴、岩と岩との間のことをエゴタともいう(民俗地名語彙)。高知県方言辞典にも「川が深くて淀んでいる所(大正)」。エガマなどの柄を差し込む穴、固定させるクサビをエゴともいう。エゴシがいつの日か転訛してエシになった。

 それと「シ」の解釈である。方言でいえば「おんし」「おとこし」「おなごし」の人の意の「し」。そうなれば「凹状地形に住む人」から江師となったのか。合理的な根拠は一つもないが、思い浮かべたままの備忘録である。 

 


地内の字・ホノギ等

【字】(アイウエオ順)

 イツイ谷、イバ、ウノサキ、上ハダバ、大久保、大久保ノ平、大坂、大坂山、大ソリ、大平山、カゲヤウ、カゲヤブ、上赤ハゲ、上足川、上ミイカダド、上ミウノサキ、上ミ川ノ内、神コエ、上ミシダヲ、上ミ長瀬、上ミフナト、上古土居、上ミホリタ、上柳ノサコ、ガヤノキ、クレノクボ、小石ノミネ、小崎、コダノヲク、笹畝、シモ赤ハゲ、下モアシ川、下イカダド、下モ宇ノサキ、下モ川ノウチ、下モシダヲ、下長瀬、下モフナト、下古土居、下モホリタ、下モ柳ノサコ、タキ山、ダバクチ、ダバサキ、田向イ中畝、中ダバ、中ヒラ、中屋敷、中山、西ノ谷、東クボ、ヒラ、フルタ、風呂ノ谷、松木ノヒラ、丸田、南谷、向イ坂、村中山、モリタ、森根、柳ノツル井、山神ノ越、ユス谷、梼谷山、吉川口、ヲリツキ【68】

※土地台帳に「後口山」、「銚子ノ川」が未登載。「カゲヤウ」が不明

 

(土地台帳・切絵図番順)

 3フルタ、5ウノサキ、7タキ山、8下古土居、9上古土居、10田向イ、11ヲリツキ、12ダバクチ、15イツイ谷、16大久保ノ平、17大久保、18風呂ノ谷、19西ノ谷、20上ミホリタ、21下モホリタ、22クレノクボ、23イバ、24村中山、25中屋敷、26松木ノヒラ※、27ヒラ、28中ヒラ、29中山、30丸田、31森根、32中畝、33柳ノツル井、34モリタ※、35東クボ、36下モシダヲ、37上ミシダヲ、38コダノヲク、39大ソリ、40中ダバ、41ダバサキ、42下モ柳ノサコ、44上柳ノサコ、45カゲヤブ、46下モフナト※、47上フナト※、48下イカダド、49上ミイカダド、51吉川口、52シモ赤ハゲ、53下長瀬、55上ミ長瀬、56山神ノ越、57下モ川ノウチ、58上ミ川ノ内、61下モアシ川、62向イ坂、63小石ノミネ、64梼谷山、ガヤノキ、2笹畝、4南谷、下モ宇ノサキ、6上ミウノサキ、13後口山、14大平山、43上ハダバ、50上赤ハゲ、54大坂、神コエ、59小崎、60上足川、ユス谷、大坂山

※土地台帳の調査は、江師地区の南、国有林銚子の川山の下流域から始まり梼原川合流点から右岸を「ウノサキ」を大きく迂回して鉱泉源となる「タキ山」から穿入蛇行する江師地区の集落に入る。「古土居」は庄屋の墓所でもあり、そこには吹の峰を水源とする西谷が流れ、その右岸を「田向イ、ヲリツキ、ダバノクチ」と上り、屋号タネバタの那須宅から左岸に渡り、江師西側の集落を「イツイ谷、大久保ノ平、大久保、風呂ノ谷、西ノ谷、上・下ホリタ」と大正温泉まで下る。ここからは江師の産土神である河内神社が鎮座する「村中山」を時計方向に江師橋下側から「クレノクボ、イバ、中屋敷、松木ノヒラ、ヒラ、中ヒラ、中山、丸田、森根、中畝」と江師クリーンセンターまで一周し、隣の「柳ノツルイ」から再び実験農場のある「モリタ」から江師東側を「東クボ、下・上シダヲ、コダノヲク、大ソリ」と一回りすると、オートキャンプ場ウェル花夢のある「中ダバ」となる。「ダバサキ」から梼原川右岸を「下・上柳ノサコ」と上ると、いったん下って、小石の上、梼原川左岸「カゲヤブ」から「下・上フナト、下・上イカダド」と大奈路境まで上りつめると、芳川川合流点まで引き返すと川ノ内集落の入口となる「吉川口」である。ここから芳川川を「シモ赤ハゲ、下・上長瀬、山神ノ越、下・上川ノ内、下モアシ川、向イ坂」となる。

 ここからは小石の裏山となる「小石ノミネ、梼谷山」と田野々境の山並みとなり、梼原川対岸の浦越境の「笹畝」から「南谷、下・上ウノサキ」と続き、江師の北山となる「後口山、大平山、上ハダバ」を回り、川ノ内集落の里山「上赤ハゲ、大阪、小崎、上足川」となる。 

※切絵図に「ガヤノキ」、「下モ宇ノサキ」、「神コエ」、「ユス谷」、「大坂山」の記録なし

※切絵図にある「銚子ノ川」は国有林のため無地番

切絵図にある見出しの「28ユダノヲク」は字「38コダノヲク」となっている。地検帳の「弓場ノヲク(ゆばのおく)」か

 

【ホノギ】(江志村/枝村:川ノ内・小石村)

 ▼江志村(土佐国幡多郡上山郷地検帳:幡多郡上の1p99~115/検地:慶長2年2月8日~11日)

 筏戸川ノ内、南本地六代地、舟戸、※小石村(小石タ、北ノサカリ、上やしき、南永返り)、ウツシリ川、西ノクホ、舟戸ハサタ、ヨモンダ、ホトケノソリ、カトタ、ヤシキノ前、平七ツクリ、南カヘチ、土居やしき、北寺中、本地十代タ、西谷タムカイ、寺ノ後、イツイ谷、志つかい、治部地やしき、風呂ノ谷、宮ノにし、茶屋トウノ下、クレノクホ、うはタ、カクテン

(2月11日)

 中やしき、東ホリ明、西ノサカリ、弓場ノヲキ、丸タ、本九代三分地、本卅代地、掃部地、ヲンチタ、窪本一反廿八代地、大ソリ弓場ノヲク、大ソリ本十代地、南クホ、南本廿代地、イツイ木ノ窪、スヤサキ中ウ子、西ノサカリ、新開、南神田、舟戸上、滝下 

 

ダウンロード
814江師・集成図1.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.3 MB
ダウンロード
大正町切図(0816江師).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 328.8 KB

【通称地名】

 

 

 【山名】

△吹の峰

△その他

黒作バタ

ゴバンノダバ

 

【河川・渓流】

コトコト谷(江師地区東ウワダバの水源地

中平谷川

ウハダバ谷川

ハシミズコウ

大平谷川

西ノ谷川

南谷

銚子川

コヤノ谷

梼谷川

 

 

【瀬・渕】

ミヤノセオキノマエ、ガデンバイ、ヒキンボイワ、フクバイタキヤマ

 

【井堰】

 

  

【ため池】(四万十町ため池台帳)

 

 

【城址】

 

 

【屋号】

 タネバタ(那須美代子宅)、モリタ(森厚宅)、シタモリ(森晴彦宅)、ヤドヤ(森昌文宅)、カジヤ(森繁夫宅)、シンタク(奥田守宅)

 

【神社】 詳しくは →地名データブック→高知県神社明細帳

河内神社/55かわうちじんじゃ/鎮座地:村中山

(旧:山津見神社)/55.5やまづみじんじゃ/鎮座地:山神越 ※川ノ内集落 

(旧:水神社)/55.6みずじんじゃ/鎮座地:ユス谷

(旧:王本神社)/55.7おうもとじんじゃ/鎮座地:西ノ谷

※神社明細帳には明治42年、王本神社、山津見神社、水神社、金刀毘羅神社合祭とある。

※神社明細帳に記録した明治12年当時は小石集落、川ノ内集落の産土神は江師に鎮座する河内神社

※ユス谷は江師村域ではあるが、ユス谷は小石村の水利である。小石は江師の枝村的な関係として管理していたか

 


現地踏査の記録

20160401(森厚談)

1)江師の西谷上流部、右岸がオリツキ(字)で、十和から往来する往還道の江師の入口となることから降り付く(オリツキ)となったのだろう。

2)その江師の入口近くである森盛馬さんところ(息子の森昌史)がヤドヤという屋号であった。往来する者の簡易な宿泊所であったのだろう。

3)往還道は、江師の山手側を周回し、江師の苗場担当区のあった所に江師の士族であった大庄屋の居宅があり、そこを通り西ノ川に向った。

4)その大庄屋は、村長も務めた岡村五郎さんの先祖さんである。

5)その庄屋宅近くに「コモイツルイ」という湧水の水源地があった。

6)極楽寺の碑文が公営住宅江師第一団地にある。

7)江師の屋号は、ヤドヤのほかに、カジヤ(芝田多仲・今の森繁夫宅)、シンタク(今の奥田守宅)、シタモリ(森晴彦宅)、私のところはモリタというた。

8)瀬渕にはみんな名があった。

9)農耕は戦前は馬で、戦後は牛になった。主産業は養蚕で各家に蚕室があった。


地名の疑問

 

1)治部地と掃部地

 

 2)スヤザキはどこ?

  今でも使われる地名「スヤザキ」ではあるが字名にはない微細地名。長宗我部地検帳にスヤサキとあるではないか。400年以上前から連綿と使われる地名。なんともいとおしいではないか。

 


出典・資史料

■長宗我部地検帳(1597慶長2年)

(土佐国幡多郡上山郷地検帳:幡多郡上の1p99~115/検地:慶長2年2月8日~11日)

 慶長年間には江志村と呼ばれていた。大奈留内古見野々の検地の後、慶長2年2月8日、江志村のホノギ「筏戸(上イカダド)」から検地が始まる。

 ホノギ「川ノ内」とあり、脇書に小石村とあることから、枝村として位置づけられていたのだろう。

 その他、比定できるホノギを検地順にあげると「川ノ内(上川ノ内)」「舟戸(上フナト)」「小石タ(上コイシダ)」「西谷(西ノ谷)」「タムカイ(田向イ)」「イツイ谷(イツイ谷)」「風呂ノ谷(風呂ノ谷)」「クレノクボ(クレノクボ)」「丸タ(丸田)」「大ソリ(大ソリ)」「中ウ子(中畝)」

 検地は、慶長2年2月8日から11日までおこなわれた。

 江志村の検地高は小石村も含めて本田12町2反、出田3町9反、合わせて16町1反である。

 所有関係では大部分が「上山分」とあり扣地となっているが、一部番匠弥介給と番匠平太給と給地が23筆ある。

 寺社関連では、極楽寺扣とある

 

■州郡志(1704-1711宝永年間:下p345)

 江師村の四至は、東限津野山大川西限植松山南限丁子之川北限西之川山東西五町南北二十町戸凡四十七其土赤

 山川に、銚子之川山(在村西)、西谷(自西流東)

 寺社に、極楽寺、川内大明神社とある。

 

■郷村帳(1743寛保3年)

 寛保3年に編纂した「御国七郡郷村牒」では、石高148.585石、戸数35戸、人口181人、男92人、女89人、馬15頭、牛2頭、猟銃8挺

 

■土佐一覧記(1772-1775明和・安政:p368)

 胡井志(小石)

今宵しも夢にぞ見つる故郷を   こいしの里に草枕して

 

昭和45年「今宵しも」の歌碑が、小石を一望できる江師の保養センターの庭に建てられた。

※江師保養センターは、現在の名称を大正温泉という。その前庭に苔むして残っている。

※川村与惣太の歌碑が旧大正町内に3カ所あるが、大正温泉前にこの歌碑がある。

※四万十町内では、24首あり、特に志和が4首、立西地域は天の川、川口、秋丸、野地と詠まれている。

※川村与惣太が、江戸後期の土佐一国を東の甲浦から西の宿毛・松尾坂まで歩いて書き綴った歌枕が『土佐一覧記』。その557首の与惣太の歌と古歌、名所解説とともに、当時から現在に至るその詠まれた土地の地誌をまとめたものが「校注土佐一覧記」で、作者は室戸市在住の郷土史家山本武雄氏。氏は、その本の前書きとして「今宵しも」の歌を挙げ、大正町で詠んだ三首が全て歌碑として建てられていることに驚きと敬意をもって書かれている。この歌碑建立に尽力されたのが元大正町長武政秀美氏である。武政氏は遺稿集として「里に生きる里に死す」を表しているが、教育長、町長時代の行政編を「山にこもって」と題する予定の続編が叶わぬまま逝去されたことが残念である。

  

■南路志(1813文化10年)

 237江師村 地百四十八石五斗七升

 河内大明神 中森 正体木造五座 祭礼十一月卯ノ日

 森野大明神 同   同右      祭礼同上

 極楽寺 禅宗洞家五松寺末

      本尊 千手観音

 

■掻き暑めの記(1984昭和59年) 

 

 ・西谷(上p140)

明治6年以降、各村のほぼ中央部に元標が建設された。江師村の元標は字西谷に設置されていた。

 こもつる井(上p284)

江師村中駄場の木陰に「こもつる井」というう井戸がある。其処のふみ石に、大石を使ってある。この井戸は昔江師村に飲料水の水源も無い時代でその付近唯一の飲料水であった。皆が朝夕に汲みに行ったのである。

 柳がさこ(上p285)

江師の字で上柳ノサコと下柳ノサコの二つの小字となっている。檮原川の右岸、川ノ内の対岸に位置する。

 

■ゼンリン社(2013平成25年)

銚子川、田野々簡易水道分水池、江師鮎踊り橋、江師トンネル、小石清流橋、江師橋、四万十町農業集落排水処理施設江師クリーンセンター、大正温泉、西ノ谷川、町営住宅江師第一団地大平谷川、ウハダバ谷川、中平谷川、町営住宅江師第二団地、四万十オートキャンプ場ウェル花夢、江師農林水産物集荷加工場

 

国土地理院・電子国土Web(http://maps.gsi.go.jp/#12/33.215138/133.022633/)

江師、川ノ内、梼原川、芳川川、吹の峰(標高:700.2m)、小石清流橋、

 

基準点成果等閲覧サービス(http://sokuseikagis1.gsi.go.jp/index.aspx)

銚子ノ川(二等三角点:標高700.24m/点名ちょうしのかわ)江師字銚子ノ川710

江師(四等三角点:標高378.26m/点名えし)江師字中ヒラ307-1番地

小石峰(四等三角点:標高452.21m/点名こいしみね)江師字小石峯795-83

 

■四万十森林管理署(四万十川森林計画図)

銚子ノ川山(4079林班)

 

■四万十町橋梁台帳:橋名(河川名/所在地)

銚子の川橋(不明/江師字)

西ノ谷橋(不明/江師字)

ホリタ橋(不明/江師字)

森田橋(不明/江師字)

銚子の川小橋(不明/江師字)

江師橋(不明/江師字)

中ヒラ橋(不明/江師字)

那須橋(不明/江師字)

川ノ内橋(不明/江師字)

川ノ内芳川線1号橋(不明/江師字)

川ノ内芳川線2号橋(不明/江師字)

川ノ内芳川線3号橋(不明/江師字)

 

■四万十町頭首工台帳:頭首工名(所在地・河川名)

下大下(上ミホリタ178・西ノ谷川

枝谷(西ノ谷175・枝谷川)

松ノ平(松ノ平266-1・風呂の谷川) ※大平谷川のことか

掘の谷口(中畝373・堀ノ谷川)

オクダ(丸田341・東掘ノ谷川)

イマシロ(丸田297・イマシロ谷川) ※今城(いまじょう)の誤記では

大平山(大平山749・掘ノ谷川) ※中平谷川とウワダバ谷川が合流し、掘ノ谷川となるのか

コダノオク(コダノオク516・西堀ノ谷川) ※武政久美宅横を流れる谷川が西堀ノ谷川か。西でなく東である。

コトコト谷(コトコト谷・コトコト谷川

小石(小石峰795-97・梼谷川

下フナト(下フナト498-4・フナト川

 

■四万十町文化財一覧

▼国登録有形文化財(土木構造物)

旧大正林道ユス谷川橋(ふりがな:きゅうたいしょうりんどうゆすたにがわばし)

構造・形式/鉄筋コンクリート造単アーチ橋、橋長8.0m、幅員2.0m

所在地/四万十町江師

登録年月日/平成20年 3月 7日(番号39-0249)

 四万十川水系梼原川左支流ユス谷川の最下流部、梼原川との合流点近くに架かる。橋長8.0m、スパン5.1m、幅員2.0m、半円アーチ形の鉄筋コンクリート造単アーチ橋で、両岸には表面布積の石垣を連続的に築く。梼原川沿いに築かれた旧大正林道関連施設。

※ユス谷川の説明で正しくは「渡川水系1次支川梼原川の左岸にある2次支川ユス谷川」となる。

 

ユス谷川橋 (ふりがな:ゆすたにがわばし)

構造・形式/昭和10年頃架橋、石造及び煉瓦造単アーチ橋、橋長8.2m、幅員3.1m

所在地/四万十町江師

登録年月日/平成20年 3月 7日(番号39-0250)

 旧大正林道ユス谷川橋の東側に架かる道路橋。橋長8.2m、スパン5.2m、幅員3.1mとした半円アーチ形の単アーチ橋で、アーチ部分を3枚厚の煉瓦で築くほかは、間知石の布積とする。煉瓦と石材を使い分け、精緻に築かれた小規模なアーチ橋。

 

■四万十川流域の文化的景観「中流域の農山村の流通・往来」(2010平成21年2月12日)

 ・ 7旧大正林道ユス谷川橋

 ・ 9ユス谷川橋

 ユス谷川は、四万十川支流梼原川に注ぎ込む谷川で、工法が異なる2つの時代の橋が架かっている。一つは、町道から見過ごしてしまう位置にあるが、旧国道439号線に平行して架橋されていた森林鉄道橋である。この橋は、昭和初期に旧大正林道の橋梁として建造されたもので、連日、機関車に引かれ木材を満載したトロッコがこの橋を通行し、四万十川流域で活発に展開された国有林事業を支えた。もう一つは、昭和10年頃に郡道松原線旧大正~梼原間の橋梁として建造され、国道439号線に引き継がれた国道橋である。現在は、国道の改良工事でルートが変更され、町道となっている。この2つの橋は、四万十川流域の奥山から産出される農林産物の搬出をはじめ、上・下流域の集落間の流通・往来に大きな役割を果たし、近代期の山村地域の発展を支えた。また、素材、工法、目的の違う二つの橋は、河川を使った筏流しや高瀬舟から森林鉄道、その後のトラックの輸送へと、四万十川流域における流通・往来の歴史とその変遷を今に伝える貴重な存在である。

 

 ■四万十町広報誌(平成21年2月号)

ダウンロード
ぶら〜り散策0814【江師】20090201.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 202.4 KB


フォトギャラリー