大鶴津

おおつるつ


20150608初

20170707胡

【沿革】

 長宗我部地検帳には「志和之村」の枝村として「大鶴津村」と表現している。

 それ以降の地誌である州郡志(1704-1711)では「大弦津村」、南路志(1813)では「大鶴村」とある。

 明治22年(1889)4月1日、明治の大合併により、仁井田郷の黒石村、志和峯村、飯ノ川村、弘見村、新在家村、平野村、道徳村、奈路村、数神村、藤ノ川村、 八千数村、与津地村、親ヶ内村、本堂村、小鶴津村、志和村、大鶴津村と窪川郷の向川村、18か村が合併し「東又村」が発足し、大鶴津村は大字となった。

 昭和30年(1955)1月5日、高岡郡東又村は、 窪川町・松葉川村・仁井田村・ 興津村と 合併し新設「窪川町」となった。

 平成18年(2006)3月20日、高岡郡窪川町と幡多郡大正町・十和村が合併し新設「高岡郡四万十町」となる。 

 行政区としては数年前に消滅集落となった。

 

【地誌】

 旧窪川町の東部。土佐湾西岸の海浜地域。南に冠岬が南東に張り出し、西の六川山の山麓から土佐湾に注ぐ小さな谷の出口にわずかばかりの平地がある。興津県立自然公園に含まれる。昭和50年代には、四国電力が原発建設候補地としたため、町を二分する政争の地となった。

(写真は1975年11月撮影国土地理院の空中写真。写真中央部)

  

【地名の由来】

 大鶴津、小鶴津とあることから、大鶴津は「ツル」が大きいと表現しているが、それでは「ツル」とは何か。形状からの命名であればツルの長い首の形を想いおこす。土塊を崩す「つるはし」は鶴の嘴と書く。丁度この地の海岸は、ツルの首が釣針のような曲線を描いており、小鶴津より確かに大きい。州郡志には「大弦津」とある。弓の形状から弦をイメージし、つると読めることから大弦津となったのか。津は港の意である。

 九州では川の両岸の山が遠のいてやや広い平地をなし川が屈曲しているところを鶴・釣・津留・水流の字を充てた地名がある(民俗地名語彙辞典)。これも鶴の首の曲線による地形地名ではないか。

 道路ができるまでは志和峰から六川山の北側をまいて鶴津の海岸まで下りるのが唯一の交通路。長い山路をやっと越え、広がる海原と弓なした海岸線を愛でたことだろう。今でも志和から海岸沿いに訪ねてみると、反り立った断崖の海岸線をいくつもカーブを越すと、突然、砂浜をうつ優しい潮騒の海岸風景となる。たぶん地名を知らなくても「鶴が舞い降りるような曲線の美しい海岸線」と口に出すだろう。

 


地内の字・ホノギ等の地名

【字】(あいうえお順)

 大鶴津山、大ツルツ山ノ下、カウヂカゲヂ山、北浜林、北平山、草萩原、小浦、小浦山、ショウシ谷、セキノモト、チンガ谷山、チンガ谷山、ドホン畑山、浜添、松原屋敷、南平山【17】

 

(字一覧整理NO.順 大鶴津p139)

 1草萩原、2ショウシ谷、3カウヂ、4セキノモト、5松原屋敷、6浜添、7大ツルツ山ノ下、8カゲヂ山、9小浦、10北浜林、11大鶴津山、12北平山、13ドホン畑山、14チンガ谷山、15南平山、16小浦山、17チンガ谷山

 

【ホノギ】大鶴津之村

 是ヨリ大鶴津之村(仁井田之郷地検帳p120~121)/検地日:天正16年2月5日)

 名本ヤシキ、松原ハタケ、キシノ下、竹ノウチ、ムカイハタケ

 是ヨリ谷川ヲ西ヘ渡テ付(p121~122)

 サウハキハラ、コサイノヲ、ソリタ、フルタ、ウツシリ、中クロ、ヱカマタ、中サイノヲ、シヤウシ谷カケノチ谷カウチ、弘ハタケ、中シマ

※與津村へ移る。

 

【地検帳の寺社】

 コフ神

ダウンロード
616大鶴津字名一覧表.pdf
PDFファイル 38.3 KB
ダウンロード
616大鶴津・集成図.pdf
PDFファイル 383.0 KB

【通称地名】

 

 

【山名】

山名(よみ/標高:)

 

【峠】

峠(地区△地区) ※注記 

 

【河川・渓流】

 

 

【瀬・渕】

 

 

【井堰】

 

 

【城址】

 

【屋号】

 

 

【神社】 詳しくは →地名データブック→高知県神社明細帳

須賀神社/94すがじんじゃ/鎮座地:南平山 ※無格社

大本神社/95おおもとじんじゃ/鎮座地:南平山

 


現地踏査の記録


地名の疑問


出典・資史料

■長宗我部地検帳(1588天正16年:佐々木馬吉著「天正の窪川Ⅱ」)

 地検帳では大鶴津之村と表現され、志和之村の枝村として取り扱われている。

 検地を行った日は明確ではないが、天正16年2月5日ころのことではないかと推定される。

・神社

 須賀神社(無格社/字南平山鎮座)/

合祀:白皇神社、須賀神社、恵美須神社、竈門神社、小浦神社、宇賀神社、山津見神社、水神社

 大本神社(無格社/字南平山鎮座)

・寺院:記録なし

 

■州郡志(1704-1711宝永年間:下p251)

 大弦津村四至は、東限海邉西限荒平南限陣之谷北限弦津界縦二町横四十間其地砂土

 山は、荒平山(東限尊崎西限大畝)、大弦津山(東限海邉西限海濱一東限所林西限六川三所皆禁剪伐)

 寺社は、牛頭天王社とある。

 

■土佐一覧記(1772-1775明和・安政:山本武雄著「校注土佐一覧記」p299~300)

安芸の歌人・川村与惣太が鶴で草枕して読んだ歌

鶴と言う所にて或人の加算に詠める

 行末は千代に八千代に相生の 松によはひを契るとも鶴

 ※浜ノ川の相生の松もよかったが、この鶴の大海原もすばらしい。これで長生きすることができる。

 

■郷村帳(1743寛保3年)

 寛保3年に編纂した「御国七郡郷村牒」での大弦津村は、石高19.237石、戸数9戸、人口44人、男21人、女23人、馬0頭、牛9頭、猟銃0挺

 

■南路志(1813文化10年:③p)

129大鶴村 仁井田郷、又云志和郷七村之一也。 今曰大弦津村 地十九石四斗七舛七合

 今本田十九石二斗余、新田八石余、家數七軒、人高五十四人

〇火立場 冠崎 皿カ森

白王権現 ソウハキハラ 祭礼九月十一日

牛頭天王 シヤウシン谷 祭礼九月十七日

天王 天王タワ 祭礼九月十七日 

荒神 ヒロ畠 祭礼八月廿八日

地蔵

 

■ゼンリン社(2013平成25年)

p93:大鶴津

p92:大鶴津、須賀神社

 

■国土地理院・電子国土Web(http://maps.gsi.go.jp/#12/33.215138/133.022633/)

大鶴津

 

■基準点成果等閲覧サービス(http://sokuseikagis1.gsi.go.jp/index.aspx)

なし

 

■四万十町橋梁台帳:橋名(河川名/所在地)

なし

 


フォトギャラリー