よくある地名の語源 「き」

きたのかわ(北の川)【昭和地区の集落・組】 

 昭和地区内の四万十川上流域、四万十川第1支川北の川(右岸流)の流域集落。高幡消防組合四万十清流署西分署がある。 

きびじり(キビジリ)【各地】

 焼畑地名の一つ。シリは土佐では畑の意味。アサジリ、イモジリ、ヒエジリ、ゴマジリとシリの前に作物などが冠せられる。

 四万十市西土佐口屋内の農家レストラン「しゃえんじり」は有名。 焼畑地名の詳細は →地名のお話→地名文化財「焼畑」

 

きり(切・キレ)【大切(窪川)、壱町切(口神ノ川)、下タ切(仁井田)、久保切(窪川中津川)、源八切(上秋丸)、下切(藤ノ川)、堀切(地吉)】〔高知県中西部に多い〕

 

 キレ(切)は、地形が区画区分された状態で①田の区画②山の鞍部、谷間などの切れ目をさす意がある。圃場整備が進んだ今は「三反切」と呼ばれるセマチが多い。四万十町の窪川地域に「大切」の字が11カ所あるのもうなずける。

 四万十市の中村高校の寮付近に「耳切」の地名がある。耳が切れるくらい北風が寒いところと聞いたがどうだろうか。隠語辞典には土蔵をの窓を破って入る盗人を「耳切」というそうだ。 

 キリ(切)は、切り開いた地・開墾地をさし、アキキリと焼畑地名と思える地名もある。秋切、夏焼といったとこか。「源八切」と名前の後に切が付くのは「○○作」と同じで焼畑地名であろう。

 

きりたてやま(霧立山)【下津井△梼原町△愛媛県鬼北町/標高1096.6m】

 

きょうでん(京田・経田)【六反地】

 開墾地名の一つ。山口彌一郎『開拓と地名』は、東北地方の原始の形、開拓の模様、生活のようすを時代の経過により刻まれた地名から読みといていった労作で、全国分布も示しているので、メルクマールとして四万十町のホノギや字に当てて検証することができる。

 全国に分布するが奈良県北部、山形県庄内平野に多くある。庄内平野では土地の高さから「京田」、「興屋(コウヤ)」、「新田(シンデン)」とある。

 山口氏は、京田は、興屋以前の開墾集落で慶長年間より古い開発地名という。

 四万十町内では、長宗我部地検帳のホノギとして「経田江カケテ(黒石)」、「経田ノスソ(香月が丘/東光寺分)」、「仏経田(下津井/西源寺作)」とある。 

(20170726現在)


ちめい

■語源

 

■四万十町の採取地

 

 

■町外の採取地