よくある地名の語源 「そ」

そうづのかわ(双津の川)【影野】

 

そり(ソリ・大ソリ・ソリヤシキ・曽利・曾理田・反る)【高野、宮内、仕出原、飯ノ川、若井川、烏手、芳川、江師、戸川、地吉、井﨑】

 急傾斜地、ズレが崩壊地とることから「崩壊地形」。この地形が焼畑にりようされることから「焼畑」の意もある。サデ、スラは山の急傾斜の木材を落す滑り道。乾田となる田。

(20170719現在)


ちめい

■語源


■四万十町の採取地


■四万十町外のサイノウの採取地