香南市(こうなんし)

 

役所所在地:高知県香南市野市町西野2706番地

郵便番号:781-5292

電話番号:0887-56-0511

FAX:0887-56-0576

メールアドレス:

URL:http://www.city.kochi-konan.lg.jp/


■香南市HP「地勢・概要」から

 

■地勢・概要

▶位置・面積

 香南市は、平成18年3月1日に、高知県の香南5町村(赤岡町、香我美町、野市町、夜須町、吉川村)が合併して誕生した新しいまちです。

 高知市の東部約20~30キロメートルに位置し、東西約20キロメートル、南北約15キロメートルの広さを持つ面積126.46平方キロメートルのまちとなります。(国土地理院の平成30年1月31日公表により、面積が126.48平方キロメートルから126.46平方キロメートルに変更となりました) 

 平成14年7月には土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線が開業し、さらに高知市と安芸市を結ぶ高知東部自動車道の整備など、将来的に広域交通網の強化が期待できる地域です。

 

▶地勢・気候・自然

 香南市は、南部地域は太平洋に面する海岸部と肥沃な平野部が東西に広がり、中部地域は低山が連なる中で里山環境が広がり、北部地域は標高約300~600mの四国山地の一部を構成しており、四国山地を源流にする物部川、香宗川、夜須川などが流れるなど、豊かな水と緑に包まれた地域です。

 気候は、南海型の気候区分に属し、温暖な気候に加え、年間降水量は県下でも少ない地域となっています。この地域では温暖で雨が少ない気候を利用して、古くから野菜の早出し栽培に取り組み、ハウス栽培を中心とした野菜園芸が発展してきました。 

 香南市周辺は、龍河洞県立自然公園などの緑豊かな森林環境と手結住吉県立自然公園などの変化に富む海岸など、多様な自然環境に恵まれています。

 

▶歴史

 平成18年に香南市としてスタートした旧5町村の各地域では、古代までの遺跡や古墳が多数確認されており、地域内の随所に条里制遺構も残されています。 

 古代から中世にかけては、荘園化が進み、京文化の影響を受けながら推移し、近世では、野中兼山による地域開発もなされ発展してきました。 

 近世以降、赤岡では交通の要衝として、香宗川の舟運も活かして商業が栄え、近年まで周辺地域の産業・交易の中心地として賑わいました。 

 先人たちが培ってきた歴史・文化は、現在も脈々と生き続けており、多数の埋蔵物や史跡・建造物、工芸品などの文化財をはじめ、江戸期の絵師・絵金の作品が並ぶ絵金祭り、県指定の文化財に指定されている若一王子宮獅子舞、手結盆踊りなどのほか、端午の節句にはこの地方特有の風習であるフラフが多くの家ではためいています。

 また、昭和の合併期には、昭和28年10月1日に施行された「町村合併促進法」に伴って、香我美町、野市町、夜須町が誕生しました。赤岡町、吉川村は、明治時代に合併が行われ、そのまま平成18年の合併に至っています。

 

■文化・観光

  • 絵金蔵と弁天座
  • どろめ祭り
  • 土佐凧
  • ヤ・シィパーク

■計画等

ダウンロード
39201香南市振興計画(2017~2026).pdf
PDFファイル 17.8 MB


旅人の記録

1687年(貞享4年)

「四国徧禮道指南」

真稔著

▼手井山(手結)

▼手井村

▼手井浦

▼やす濱(夜須)

▼きしもと村(岸本)

▼あかおか村(赤岡)

▼のいち村(野市)

▼しるし石

▼大たに村(大谷)

▼廿八番大日寺

▼ぼたひじ村(母代寺)

▼ぶやうし村(父養寺)

▼物部川

※ものいのルビ

 

1808年(文化5年4月27日・28日)

▼「伊能忠敬測量日記」

▽「伊能測量隊旅中日記」

伊能忠敬著

▼手結浦

▼夜須村

▼岸本浦

▼赤岡浦

▼吉原村

▽野市村

▽物部川

 

1808年(文化5年3月25日・4月27日)

「奥宮測量日誌」

奥宮正樹著

▼野市村

▼平井山

▼赤岡の町

▼岸本

▼月見山

▼夜須村

▼や須川

▼七板橋

▼手結浦

▼てい山越

▼女夫岩

 

▼赤岡(4/27)

▼野市村

 1834年(天保5年)

「四国遍路道中雑誌」

松浦武四郎著

▼手井山

▼手井村

▼ミなと村

▼やす濱

▼きしもと村

▼赤岡村

▼のいち村

▼大たに村

▼二十八番法界山高照院大日寺

▼菩提寺村

▼ぶやうじ村

▼ものい川 

2003年(平成15年)~

「土佐地名往来」(高知新聞)

片岡雅文記者

▼仏が崎 (ほとけがさき)

▼羽尾(はお)

▼備後(びんご) 

▼添地(そえじ・そいじ)

▼出口(いでぐち)

▼命山(いのちやま) 

▼手結(てい)  

▼舞川(まいかわ) 

▼簾 (すだれ) 

▼徳王子(とくおーじ)  

▼岸本(きしもと) 

▼須留田(するだ)

▼赤岡(あかおか) 

▼兎田(うさいだ)

▼冨家(ふけい)

▼香宗(こうそう)

▼兄弟橋(きょうだいばし)

▼アゴデン(あごでん)

▼三又(みつまた)

▼烏川(からすがわ)

▼ごすいでん

▼野市(のいち) 

▼政処(まさどころ)

▼吉原(よしはら) 



校注土佐一覧記

川村与惣太が旅した1770年頃の土佐一国557ヶ所の地名。

その地名を一つひとつを「校注 土佐一覧記」から引用し、掲載順にまとめました。

①地名【ちめい】000掲載順No

②所在地

③所在の十進座標 ※クリックすると電子国土Web表示

④与惣太の短歌

⑤校注土佐一覧記に記載された地名の概要

(校注一覧記掲載P)

⑥   ※編集人の注記として、追記したもの

平成の土佐一覧記

与惣太の旅した地名を探しながら平成のその土地を編集人が歩き、その地の250年の今昔を文献史料と現在発行されているパンフレット、下手な写真等により「考現学」としてまとめようとするものです。

 また、編集人だけでなく閲覧者の確かな目でほころびを直し、外から見た「土地」のイメージを描こうとするものです。

 掲載する内容は

①掲載地名の現在の地名と景観(地名の入った写真)

②地名の由来等、既存の文献史料(一部)をまとめ

③高知県集落調査等の統計資料

④観光パンフレット等の記事

⑤編集人のつぶやき


手結山【ていやま】108

 

香南市夜須町手結山 

33.525556,133.764532 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p109)

 

このサイト欄の 

『平成の土佐一覧記』は

本年10月、香南市の

現地調査実施後に執筆予定

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

夜須【やす】109

 

香南市夜須町

坪井・千切・西山

33.535882,133.754500 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p110)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

古城【こじょう】110

 

香南市夜須町上夜須 

尼森城 

33.555165,133.780662 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p110)


笠松【かさまつ】111

 

香南市夜須町坪井

33.535732,133.754312 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p110)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

七板橋【なないたはし】112

 

香南市夜須町坪井

33.537710,133.756099 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p111)


岸浦【きしうら】113

古城【こじょう】114

月見山【つきみやま】115

 

香南市香我美町岸本

33.538399,133.734727

姫倉城(岸本城)

33.539034,133.744383

月見山

33.540630,133.745477 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p112)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

宇多松原【うだのまつばら】116

 

香南市香我美町岸本

33.538399,133.734727 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p113)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

王子宮【おーじぐー】117

 

香南市香我美町徳王子

33.556966,133.734684 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p114)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

古城【こじょう】118

 

香南市香我美町徳王子

刈谷城(苅谷城) 

33.561316,133.733504 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p115)

※山本氏は苅谷城の所在を「岸本村の北王子の東(徳善村)と説明しているが、別の記録では大願寺のある丘陵の西の西端(徳王子字仮谷)とある。


山北村金水寺【やまきたむらきんすいじ】119

 

香南市香我美町上分

33.580750,133.737023 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p117)


天忍穂別神社【あめのほしほわけ】124

 

香南市香我美町山川

33.586944,133.781548 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

※現在は「石舟神社」と呼ばれる。

(校注土佐一覧記p120)

 

■神社と古事記

天忍穂別神社(あめのおしほわけじんじゃ)は、高知県香南市香我美町山川にある神社。石舟神社の名で知られる。地元では「石舟様」と呼ばれる。御朱印の有無は不明。

『延喜式』巻9・10神名帳 南海道神 土佐国 香美郡「天忍穂別神社」に比定される式内社(小社)。近代社格では県社。

創祀・創建年代は不詳。土佐に来た物部氏によって、奉斎されたと考えられている。伝承によれば、天孫の饒速日命が、石舟に乗り、大空を駆け、山川のスミガサコの山の峰に到着した。

饒速日命は、まず、河内国のある山に降り、それから大和国の桃尾山の麓にとどまったが、父神の天忍穂耳尊を慕って、土佐国へ着いたという。

土佐へ初めて降ったのは、物部川下流の上岡山(野市)で、それから富家村に入り、西川村・長谷の小村・峠の船戸・末延の水船・山川の舟谷を経て、当地に至った。

舞川の地石は、饒速日命が休んだ際、舞楽をした跡とされ、長谷の小村には烏帽子をかけたという烏帽子岩があり、当社の南の谷は冠を取った所でカットリと呼ばれる。

北の谷は杖谷といい、饒速日命が矛を置いた場所。その側の首珠が佐古は、首飾を置いた所とされる。

饒速日命が乗った石舟は、今も境内の裏手にあり、巨大な自然石の舟型をしている。付近には、船乗り達が献納した小さな石舟が置かれている。

御祭神は天忍穂耳尊で、相殿に饒速日尊を祀る。この伝承に基づき、鎌倉時代以降、石船神社・石舟神社と呼ばれるようになったという。

『皆山集』には、当社で起きた様々な不思議なことが六つ記載されている。

石船大明神社、御石舟宮とも称したが、江戸時代中期の宝永2年(1705年)、谷泰山の調査で式内社に認定されて再興、その後現社号に復した。

明治になり、県社に列したが、その後、郷社になった、とも。

そのまま、航海の安全を守る神として崇敬されたほか、疱瘡治癒の神としても知られている。例祭は11月15日で、秋祭。

境内社に栲幡千々姫大神がある。また、2本の大ヒノキがあり、御神木で、町の天然記念物に指定されている。

大きい方は樹高31.5メートル、目通り周囲3.9メートル。小さい方は樹高26.6メートル、目通り周囲3.3メートル。

(HP<神社と古事記

【ご利益】

航海安全、海上安全、病気平癒、リフレッシュ

 

香南市赤岡町須留田

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

(校注土佐一覧記p120)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

赤岡浦【あかおかうら】125

 

香南市赤岡町

33.541269,133.724642 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

(校注土佐一覧記p120)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

須留田山【するたやま】126

 

香南市赤岡町須留田

33.549670,133.725720 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

(校注土佐一覧記p121)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

富家【ふけ】127

古城【こじょう】128

 

香南市野市町兎田

33.572544,133.721294 

古城

33.573885,133.719127

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

(校注土佐一覧記p122)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

香宗村【こうそうむら】130

古城【こじょう】131

 

香南市野市町中ノ村

33.565196,133.724556

香南市野市町土居

33.555183,133.721316

香宗土居城 

33.558598,133.722754

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

(校注土佐一覧記p122)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

宗我神社【そがじんじゃ】132

 

香南市野市町中ノ村

33.567100,133.726342 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

(校注土佐一覧記p123)


深渕神社【ふかぶちじんじゃ】134

 

香南市野市町西野1202

33.569161,133.689301 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

(校注土佐一覧記p124)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

烏森【からすがもり】135

古城【こじょう】136

 

香南市野市町西佐古

烏ヶ森城址 

33.598553,133.712454 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

(校注土佐一覧記p124)


大谷神社【おおたにじんじゃ】137

大谷古城【おおたにこじょう】138

 

香南市野市町大谷

33.573224,133.705400

大谷城(野市町大谷482) 

33.575297,133.705459 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

(校注土佐一覧記p125)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

立山神社【たてやまじんじゃ】139

 

香南市野市町土居1356

33.555129,133.719031

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

(校注土佐一覧記p125)


野宮【ののみや】140

 

香南市野市町西野

野々宮神社

33.572312,133.697745

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

(校注土佐一覧記p126)


吉原の古城【よしはらのこじょう】150

 

香南市吉川町吉原西木戸字土居屋敷廻ほか

吉原城址

33.545758,133.693571

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

(校注土佐一覧記p130)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        


地名の話

①「丸」地名

 

難読地名

御墓所(おみせ)、香宗(こーそー)、須端(すばな)、茱茰谷(ぐいみだに)、天手力男神社(あまのたじからお)、大忍(おーさと)



フォトギャラリー