香美市(かみし)

 

役所所在地:香美市土佐山田町宝町1-2-1

郵便番号:782-8501

電話番号:0887-53-3111(代表)

FAX:0887-53-5958(代表)

メールアドレス:

URL:http://www.city.kami.kochi.jp/


■地勢・概要

▼自然

 本市は、物部川、国分川の源流域から高知平野に至る変化に富んだ市域を有し、東北部は1,000~1,800mの急峻な四国山地が広がり、山間部は秩父古生層*からなり、市域を貫く物部川の源流域となっています。

 気候は比較的温暖ですが、平野部から山間部の標高による寒暖差は大きく、高地では亜寒帯の植物もみられます。降水量は、山間部で多くなっており、森林資源の形成や農作物の育成に適した地域となっています。

 市域の約9割を森林が占め、物部川上流域には天然林も残され、べふ峡、轟の滝をはじめとする景観が広がり、アメゴ、アユ、カワセミ、ホタル等の多様な生物を抱える貴重な自然が残っています。

 上流域から、剣山国定公園、奥物部県立自然公園、龍河洞県立自然公園などに指定される豊かな自然を有しています。

 

▼土地利用 

 本市は、高知県の、7.6%に及ぶ537.86kmの広い面積を有していますが、87.6%が森林となっており、可住地面積は平野部を中心に1割強となっています。

 山間部では森林の7割を占める人工林を活用した林業や気温差を活かしたユズの生産が行われています。一方、平野部では温暖な気候を利用した稲作、ねぎ、ニラ、しょうがなどの農作物が生産されています。

 物部川や支流域には棚田が発達し、集落が広く分布しています。平野部はまとまった農地と市街地となっています。市街地は高知中央広域都市圏に含まれ、市街化区域と市街化調整区域に線引きされ、計画的な開発が行われています。

 

▼歴史 

 本市は、縄文、弥生時代の遺跡が確認されるなど、古くから栄え、物部川を軸に人や物が行き交い、町や里が築かれてきました。山間地に点在する集落には平家伝説なども残っています。

 明治時代以降、山間部で生産された木材や木炭が土佐山田町に集積し、林業の発展とともに「土佐打刃物」の生産も盛んになりました。

 土佐山田町は物部川流域の中心都市として繁栄し、「文化のたまるまち」ともいわれました。大正14年には高知-土佐山田間に鉄道が開通、昭和5年には角茂谷まで開通、その後整備が進み、昭和63年に瀬戸大橋が開通し岡山までつながりました。

 また、昭和35年には高知空港が供用開始、昭和62年に高知自動車道が大豊~南国間で開通、瀬戸大橋の開通により交通圏が大きく拡大しました。

 

■観光・文化

 ▼自然資源

山岳・鍾乳洞:三嶺(日本二百名山)、白髪山、石立山、矢筈山、龍河洞

湖・河川・滝:物部川、べふ峡、奥物部湖、西熊渓谷、轟の滝(日本の滝百選)、大荒の滝、岩屋の滝、毘沙門の滝、大たびの滝

▼人文資源

神社仏閣:笹普賢堂、大日寺、伊勢丸神明宮、高照寺、大川上美良布神社、八王子宮、予岳寺、野中神社(お婉堂)、小松神社、塩峯公士方神社

史跡・遺構等:山田堰跡、谷秦山邸跡と墓所、渓鬼荘、土佐塩の道、山田城跡

神事・伝統芸能:いざなぎ流舞神楽、太刀踊、山田太鼓、韮生太鼓、大川上美良布神社の御神幸

伝統産業:土佐打刃物、フラフ

▼観光施設

公園:日ノ御子河川公園、平山親水公園、鏡野公園(日本の桜百選)、秦山公園、香北の自然公園

博物館・資料館・美術館:奥物部美術館、吉井勇記念館、アンパンマンミュージアム、詩とメルヘン絵本館、龍河洞博物館、市立美術館、農林業体験実習館、森林総合センター、森林学習展示館

スポーツ・レクリエーション施設:子どもの広場、土佐山田スタジアム、土佐山田ゴルフ倶楽部

健康づくり施設:香北健康センターセレネ

▼その他

特産物:ゆず、やっこねぎ、しいたけ、かりかり桃子、ぎんなん、地酒等

 

■計画等

ダウンロード
39202香美市振興計画(第2次h29-h38).pdf
PDFファイル 5.7 MB
ダウンロード
39202香美市市勢要覧東経資料編(2017).pdf
PDFファイル 2.0 MB
ダウンロード
39202香美市市勢要覧.pdf
PDFファイル 19.4 MB


旅人の記録

1687年(貞享4年)

「四国徧禮道指南」

真稔著

▼記載なし

 

1808年(文化5年5月2日~8日)

▼「伊能忠敬測量日記」

▽「伊能測量隊旅中日記」

伊能忠敬著

▽穴内村

▽国見峠

▽権蔵坂

 

1808年(文化5年5月2日)

「奥宮測量日誌」

奥宮正樹著

▼(亀岩村・権若坂)

▼穴内村

▼国見坂

▼桃の休場

▼国見峠の休場

 

 1834年(天保5年)

「四国遍路道中雑誌」

松浦武四郎著

▼記載なし

 

2003年(平成15年)~

「土佐地名往来」(高知新聞)

片岡雅文記者

▼国見山(くにみやま)

▼油石(あぶらいし)

▼神母ノ木(いげのき)

▼岩村(いわむら)

▼馬袋(うまぶくろ)

▼飼古屋(かいごや)

▼鏡野(かがみの)

▼樫谷(かしたに)

▼片地(かたじ)

▼京田(きょうでん)

▼葛目(くずめ)

▼倉入橋(くらいればし)

▼佐岡(さおか)

▼繁藤(しげとう)

▼新改(しんかい)

▼秦山町(じんざんちょう

▼須江(すえ)

▼高柳(たかやなぎ)

▼談議所(だんぎしょ)

▼戸板島(といたじま)

▼南松(なんまつ)

▼百石(ひゃっこく)

▼甫喜ヶ峰(ほきがみね)

▼夢野(ゆめの)

▼龍河洞(りゅうがどう)

 

▼明戸(あかりど)

▼猪野々(いのの)

▼岩改(いわかい)

▼大荒の滝(おおあれのたき)

▼暁霞(ぎょうか・あかつか

▼計多(けた)

▼御在所山(ございしょやま

▼清爪(せいづめ)

▼太郎丸(たろうまる)

▼韮生野(にろうの)

▼根須(ねず)

▼萩野(はぎの)

▼橋川野(はしかわの)

▼日ノ御子(ひのみこ)

▼府内(ふない)

 

▼伊勢丸(いせまる)

▼大栃(おーどち)

▼押谷(おすだに)

▼塩(しお)

▼庄谷相(しょうだにあい)

▼仙頭(せんどう)

▼拓(つぶせ)

▼槙山(まきやま)

▼安丸(やすまる)

▼柳瀬(やないせ)

▼四ツ足峠(よつあしとうげ) 



校注土佐一覧記

川村与惣太が旅した1770年頃の土佐一国557ヶ所の地名。

その地名を一つひとつを「校注 土佐一覧記」から引用し、掲載順にまとめました。

①地名【ちめい】000掲載順No

②所在地

③所在の十進座標 ※クリックすると電子国土Web表示

④与惣太の短歌

⑤校注土佐一覧記に記載された地名の概要

(校注一覧記掲載P)

⑥   ※編集人の注記として、追記したもの

平成の土佐一覧記

与惣太の旅した地名を探しながら平成のその土地を編集人が歩き、その地の250年の今昔を文献史料と現在発行されているパンフレット、下手な写真等により「考現学」としてまとめようとするものです。

 また、編集人だけでなく閲覧者の確かな目でほころびを直し、外から見た「土地」のイメージを描こうとするものです。

 掲載する内容は

①掲載地名の現在の地名と景観(地名の入った写真)

②地名の由来等、既存の文献史料(一部)をまとめ

③高知県集落調査等の統計資料

④観光パンフレット等の記事

⑤編集人のつぶやき


小松神社【こまつじんじゃ】120

 

 香美市物部町別役

 小松神社

 33.740614,133.973379

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p119)

 

 

 

このサイト欄の 

『平成の土佐一覧記』は

本年10月、香美市の

現地調査実施後に執筆予定

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

柀山【まきやま】121

 

 香美市物部町槙山

 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p119)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

笹【ささ】164

 

香美市物部町笹

33.785086,133.881433 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p138)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

葛橋【かずらばし】162

 

 香美市物部町大栃

 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p119)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

長瀬【ながせ】154

 

香美市香北町永瀬

 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p119)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

伊野野【いのの】163

古城【こじょう】160

 

 香美市香北町猪野々1726

 猪野城八幡

 (33.705670,133.851306)

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p137)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

蕨野【わらびの】153

 

 香美市香北町蕨野

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p131)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

白石古城【こじょう】161

 

 香美市香北町白石

 轡城

 (33.682068,133.846135)

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p135)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

長野【ながの】152

 

香美市香北町永野

 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p132)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

日野【ひの】155

 

香美市香北町日ノ御子

 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p132)

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

大川上美良布神社【おおかわかみびらふ】159

 

香美市香北町韮生野243

大川上美良布神社

33.649922,133.783779

 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p135)

 

 大川上美良布神社(おおかわかみびらふじんじゃ)は、高知県香美市香北町にある神社。御朱印の有無は不明。

 『延喜式』巻9・10神名帳 南海道神 土佐国 香美郡「大川上美良布神社」に比定される式内社(小社)。近代社格では県社。

 主祭神は大田々祢古命。大物主命、活玉依比賣命、陶津耳命、櫛御方命、飯肩巣見命、美良比賣命、健甕槌命を合祀している。

 大田々祢古命は『古事記』にも登場する“神主の祖”ともいうべき人物。どちらかといえば大和国、今の奈良県になじみ深いが、なぜ土佐のこの地に祀られているのかは不詳。

 合祀神もいずれも主祭神にゆかりのある神々であることも特徴的で、当社や当社地周辺が、強い大田々祢古命とのつながりがあることを示唆するものとして興味深い。

 国道195号沿いの道の駅美良布前の信号から北へ約100メートルの場所にある。社号の中の大川上は敬称であるともいわれる。

 当社名になっている美良布(びらふ)の美良は「みら」とも読まれニラの古語。当地名は韮生野(にろうの)で、韮生は「にらふ」とも読め美良布と同義。

 当社の創建は第21代雄略天皇の時代。少なくとも平安時代前期の承和8年(841年)以前から存在していたことが確認されている。

 古くは「川上大明神」「大河上宮」とも呼ばれ、韮生郷50ヶ村の総鎮守。幕末の嘉永5年(1853年)12月2日、勅宣により神階が最高位の正一位となった。

 幕末の慶応元年(1865年)に着工され明治2年(1869年)に落成した社殿には名工による精緻な彫刻が施され、建造当時は「土佐日光」と呼ばれた。現在は県有形文化財。

 他の県有形文化財に、袈裟襷文銅鐸 2口がある。高さ75.7センチと67センチ。香北町西部の旧五百蔵(いおろい)村で出土し、当社に奉納されたと伝わる社宝。

 「韮生の降鐘(にろうのふりがね)」と呼ばれ物部川で雨乞い神事に使用されたと言われる。

 境内には樹齢1000年とも言われる杉の巨木があり、御神木となっている。樹高は約40メートル。

 毎年11月2日から3日の2日間、秋例大祭が間催される。県無形民俗文化財に指定されている「おなばれ」と呼ばれる御神幸が行われる。

 特に往時は「一に一宮の志那祢さま、二に韮生の川上さま」と称され、土佐国一宮である土佐神社(しなね様)と併称されるほどの賑わいを見せたという。

 「おなばれ」では棒打ち、碁盤振り、神輿行列、鼻高、稚児行列、約5メートルの棒の先に鳥毛などを付けた鳥毛・羽熊などが行われる。

 また、境内には建物内に回り舞台を持った通夜殿があり、江戸時代中期の延享4年(1747年)より毎年、狂言が上演されている。通夜殿廻り舞台として、市有形文化財。

hp「神社と古事記」から引用

 

【ご利益】

厄災除け、身体壮健、子孫繁栄、夫婦和合

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

萩野【はぎの】153

 

香美市香北町萩野

 

 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p131)

 

 

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

佐野【さの】149

 

香美市土佐山田町佐野

 

 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p130)

 

 

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

影山【かげやま】147

古城【こじょう】148

 

香美市土佐山田町影山

影山城跡 

33.618747,133.731422

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p130)

 

 

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

夢野【ゆめの】156

 

香美市土佐山田町神母ノ木

 

 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p132)

 

 

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

夢森【ゆめのもり】158

 

香美市土佐山田町神母ノ木~佐野

 

 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p134)

 

 

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

鏡石【かがみいし】157

 

香美市土佐山田町間

 

 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p133)

 

 

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

逆川【さかがわ】122

 

美市土佐山田町逆川

 

 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p122)

 

 

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

鏡野【かがみの】122

 

美市土佐山田町

 

 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p119)

 

 

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

山田【やまだ】141

古城【こじょう】142

 

美市土佐山田町

 (山田野地村・明治村・大楠植村・佐岡村)

山田城(楠目城)

加茂城

談議所城

 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p127)

 

 

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        

山田【やまだ】141

 

美市土佐山田町

 

 

 

 

 

 ▽

▽ 

 

 

▽ 

 

(校注土佐一覧記p119)

 

 

項目 寛保郷帳   昭  和 平  成
年代  1743年    1960年 2018年
戸数         
人数         
        
        
猟銃         
        
        


地名の話



フォトギャラリー